兵庫県の情報をお届けするみなとカード オリジナル情報誌

みなとカードロゴ
トライアングルロゴ

開館30年特別展
「竹中郁と小磯良平―詩人と画家の回想録(メモワール)―」

神戸を代表するモダニスムの詩人・竹中郁と画家・小磯良平は、1917(大正6)年、旧制兵庫県立第二神戸中学校(現・兵庫高校)で出会い、無二の親友となりました。竹中は関西学院(現・関西学院大)文学部英文科に進学、小磯は東京美術学校(現・東京藝大)を卒業後、ともにヨーロッパへ遊学し、帰国後は神戸で活躍しました。

本展では、竹中と小磯、そして彼らと関りの深い芸術家の作品から、約200点の資料や絵画を展示します。竹中の詩と小磯の絵画が共有する清冽な世界観、そしてそれを生んだ神戸の芸術的環境をたどります。中学時代に画家を夢見た竹中の戦後の絵画約40点もご覧いただきます。

イベント開館30年特別展「竹中郁と小磯良平―詩人と画家の回想録(メモワール)―」イメージ写真
小磯良平 《彼の休息》 1927年
油彩・キャンパス 東京芸術大学蔵
Triangle読者特典5組10名様にチケットプレゼント!!
応募する
応募締切は2022年10月11日(火)まででございます。
開館30年特別展「竹中郁と小磯良平―詩人と画家の回想録(メモワール)―」
期間
10月8日(土)~12月18日(日)
料金
一般1,000円、大学生500円、高校生以下無料
場所
神戸市立小磯記念美術館
ホームぺージ
https://www.city.kobe.lg.jp/a45010/kanko/bunka/bunkashisetsu/koisogallery/tenrankai/20221008.html(外部サイトへリンクします)
お問い合わせ
078-857-5880

今後の新型コロナウイルス感染状況を踏まえて、展覧会の中止、ならびに関連イベントを中止させていただく場合がございます。随時、ご来館の際はホームページ等にて最新情報をご確認ください。